全国高校サッカー選手権・歴代最多優勝回数は?名将・監督の指導!選手育成型へ

冬の名物詩・全国高校サッカー選手権大会の歴代最多優勝回数を誇る高校はどこでしょうか?

高校生年代がサッカーをする環境としては、Jリーグのユースクラブ又は高校のサッカー部のどちらかの環境になるかと思います。

そして、高校サッカーとして、最も注目度の高い大会が全国高校サッカー選手権大会ではないでしょうか。

高校サッカーでは、選手は毎年入れ替わりますので、名将と呼ばれる監督が優勝に導くことがこれまで多かったかと思います。

ただ、最近では、高校サッカーでも中高一貫校や下部組織と連携して、毎年チーム力を落とさないような取り組みがなされているように思います。

また監督の考え方によって、勝敗にこだわる高校もあれば、選手の育成に重点を置く学校もあります。

戦後歴代最多優勝回数の高校は?国見・帝京・市立船橋!

2020年3月現在、全国高校サッカー選手権大会、戦後歴代の優勝回数は下記の通りとなっています。

帝京高校国見高校の6回が最多となっています。

近年は、この2チームは、選手権大会への出場も減少傾向にあり、市立船橋高校が最多優勝回数を更新する可能性もあります。

東福岡高校青森山田高校も近年は、安定的な強さを誇っているので、優勝回数を更に伸ばすかもしれません。

1位 優勝6回 帝京高校 東京都 1974,1977,1979,1983,1984,1991年
国見高校 長崎県 1987,1990,1992,2000,2001,2003年
3位 優勝5回 市立船橋高校 千葉県 1994,1996,1999,2002,2011年
4位 優勝4回 浦和市立高校 埼玉県 1959,1960,1964,1972年
藤枝東高校 静岡県 1962,1963,1966,1970年
6位 優勝3回 東福岡高校 福岡県 1997,1998,2015年
浦和高校 埼玉県 1951,1954,1955年
浦和南高校 埼玉県 1969,1975,1976年
清水商業高校 静岡県 1985,1988,1993年
10位 優勝2回 修道高校 広島県 1952,1961年
習志野高校 千葉県 1965,1971年
古河第一高校 茨城県 1978,1980年
鹿児島実業高校 鹿児島県 1995,2004年
静岡学園高校 静岡県 1995,2019年
青森山田高校 青森県 2016,2018年

※2020年3月現在

高校サッカー優勝請負人・名将は今どこに?

最多優勝回数を誇る高校を率いていた監督は、どんな監督でしょうか。

そして、現在はどうしているのでしょうか。

国見高校監督 小嶺忠敏

小嶺忠敏さんは、1968年から島原商業高校(長崎県)サッカー部監督に就任、同校をサッカーの強豪校へと変えました。

1984年からは、国見高校(長崎県)の監督に就任し、全国高校サッカー選手権大会で6度の優勝を成し遂げています。

2007年からは、長崎総合科学大学附属高校サッカー部の総監督に就任、2015年から監督に就任し、現在に至っています。

2020年現在は、長崎総合科学大学附属高校サッカー部が、長崎県内で一番強い高校と言ってでしょう。

帝京高校監督 古沼貞雄

古沼貞雄さんは、1965年から帝京高校(東京都)サッカー部の監督に就任しました。

帝京高校監督時代、全国高校サッカー選手権大会で同校を6度の優勝に導きました。

2005年からは東京ヴェルディのアドバイザー、2007年からは流通経済大学柏高校のコーチ、2008年からは矢板中央高校のアドバイザーに就任しています。

2020年現在、矢板中央高校は、栃木県の強豪校で、全国高校サッカー選手権大会に出場する常連校となっています。

市立船橋高校監督 布啓一郎

布啓一郎さんは、1984年から市立船橋高校サッカー部の監督に就任しました。

監督に就任後、市立船橋高校をサッカーの強豪校へ育て、全国高校サッカー選手権大会で4回の優勝へと導きました。

市立船橋高校の監督を退任後は、2003年からU16日本代表、2009年からU19日本代表、2015年からファジアーノ岡山コーチ、2018年からザスパクサツ群馬の監督、2020年から松本山雅FCの監督を歴任しています。

松本山雅FCの監督は、残念ながら任期途中で解任されています。

市立船橋高校は、その後、監督交代が何度かありましたが、強豪校としての地位を維持しています。

青森山田高校 黒田剛

2020年現在注目は、全国高校サッカー選手権大会出場の常連校、青森山田高校サッカー部の黒田剛監督です。

元ホテルマンという異色の経験を持つ黒田剛さんは、1995年から青森山田高校の監督に就任しました。

監督就任後は、同校を全国高校サッカー選手権の常連校とするなどサッカーの強豪校へと変えました。

勝ち続ける組織にこだわり、青森山田高校を常勝軍団へと育て上げています。

青森山田高校は、Aチームがプレミアリーグで戦い、Bチームがプリンスリーグ東北、Cチームは青森県リーグ1部、そしてDチームは青森県リーグ2部で戦っています。

Bチームも、プリンスリーグ東北で優勝してしまうほどの実力があります。

青森山田高校のサッカーはとにかく活気があります。

勝ちにこだわる黒田剛監督の指導が行き届いているように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする