2021インターハイ高校サッカー!優勝候補・得点王・プロ内定・注目選手?組み合わせは?

2021年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ) サッカー競技大会が開催されます。

男子が8月14日(土)から22日(日)まで、女子は8月18日(水)から22日(日)まで福井県の各会場で開催されます。

冬に開催される全国高校サッカー選手権大会、今年は記念の100回大会となりますが、その前哨戦となります。

同大会の組み合わせ注目選手優勝候補などをご紹介していきたいと思います。

U-20日本代表候補に飛び級で召集されたMF松木玖生選手率いる強豪・青森山田高校を軸に展開される大会となるでしょう。

出場校・地区予選の結果は?強豪校・昌平や帝京長岡は予選敗退!

2021年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)出場校は下記となりました。

地区予選では、昌平高校帝京長岡高校東福岡高校帝京大可児高校京都橘高校富山第一高校といった強豪校が敗れる波乱もありました。

高校 都道府県 予選決勝結果他※一部準決勝
旭川実業 北海道① 2対0東海大札幌(準決勝)、3年ぶり出場、プリンスL
札幌大谷 北海道② 1対0帯広北(準決勝)、2年ぶり出場、プリンスL
青森山田 青森 5対0野辺地西、21年連続出場、プレミアL
専大北上 岩手 3対2遠野、2年連続出場
西目 秋田 0対0(PK5対4)明桜、2年ぶり出場
仙台育英 宮城 1対1(PK6対5)聖和学園、2年ぶり出場、プリンスL
東海大山形 山形 1対0山形中央、22年ぶり出場
尚志 福島 5対0帝京安積、11年連続出場、プリンスL
鹿島学園 茨城 4対3明秀日立、3年ぶり出場
矢板中央 栃木 1対0佐野日大、3年連続出場、プリンスL
前橋育英 群馬 0対0(PK3対1)桐生第一、4年連続出場、プリンスL
正智深谷 埼玉 1対0武南、準決勝で昌平を破り7年ぶり出場
流経大柏 千葉 6対0暁星国際、3年ぶり出場、プレミアL
実践学園 東京① 3対1駿台学園(準決勝)、3年ぶり出場
帝京 東京② 3対2堀越(準決勝)、10年ぶり出場、プリンスL
東海大相模 神奈川① 2対1横浜創英、2年連続出場
相洋 神奈川② 2対1湘南工大附、初出場
帝京第三 山梨 2対1韮崎、3年ぶり出場
開志学園 新潟 1対0日本文理、準決勝で帝京長岡を破り6年ぶり出場
高岡第一 富山 2対1水橋、準々決勝で富山第一を破り4年ぶり出場
星稜 石川 2対0鵬学園、11年連続出場、プリンスL
丸岡 福井① 5対1福井工大福井(準決勝)、2年連続出場、プリンスL
福井商 福井② 4対0北陸(準決勝)2年ぶり出場
都市大塩尻 長野 1対0松本国際、9年ぶり出場
中京 岐阜 3対0県立岐阜商、準決勝で帝京大可児を破り2年ぶり出場
静岡学園 静岡 3対3(PK6対5)清水東、3年ぶり出場、プリンスL
中京大中京 愛知 0対0(PK4対3)刈谷、3年ぶり出場
三重 三重 2対1三重海星、2年ぶり出場
比叡山 滋賀 1対1(PK3対2)綾羽、初出場
東山 京都 2対2(PK8対7)京都橘、2年ぶり出場
山辺 奈良 2対2(PK5対4)一条、初出場
初芝橋本 和歌山 2対2(PK3対1)和歌山北、4年連続出場、プリンスL
阪南大高 大阪① 2対1近大付、4年連続出場、プリンスL
大阪桐蔭 大阪② 1対0興国、5年ぶり出場、プリンスL
関西学院 兵庫 1対0報徳学園、53年ぶり出場
米子北 鳥取 6対0米子東、13年連続出場、プリンスL
立正大淞南 島根 1対1(PK7対6)大社、2年ぶり出場、プリンスL
岡山学芸館 岡山 1対0作陽、3年ぶり出場、プリンスL
瀬戸内 広島 3対1崇徳、2年ぶり出場、プリンスL
高川学園 山口 4対1西京、2年ぶり出場
徳島市立 徳島 2対0徳島商、7年連続出場、プリンスL
尽誠学園 香川 2対0四国学院大香川、17年ぶり出場、プリンスL
新田 愛媛 2対0今治東中等教育、2年連続出場
高知中央 高知 2対1高知西、2年ぶり出場、プリンスL
飯塚 福岡 2対0筑陽学園、準決勝で東福岡を破り初出場
佐賀東 佐賀 2対1佐賀商、2年ぶり出場
長崎総科大附 長崎 3対0長崎日大、準決勝で国見を破り3年ぶり出場
大津 熊本 4対0秀岳館、3年連続出場、プレミアL
大分 大分 1対1(PK5対4)鶴崎工、3年連続出場
日章学園 宮崎 2対0宮崎日大、5年連続出場、プリンスL
神村学園 鹿児島 2対1鹿児島城西、4年連続出場、プリンスL
那覇 沖縄 0対0(PK5対3)宜野湾、5年ぶり出場

イナターハイ組み合わせ!激戦ブロックはどこか?

トーナメント表を見ると強豪校が各ブロックに散らばり、ほとんどの強豪校が1回戦からの出場となりました。

インターハイは夏の暑い中、短い期間で試合が開催されるため、優勝を目指すためには1試合でも少ない方が良いと思います。

この影響がどう出るでしょうか。

Aブロック 矢板中央・星稜を中心に展開

頭の抜けた高校はないが、プリンスリーグに所属するチームも多く、どこが勝ち上がってもおかしくないブロックです。

トーナメントに強い矢板中央高校を軸に、勝負強い星稜高校が追う展開でしょうか。

激戦区神奈川県を勝ち抜いた東海大相模高校、福岡県を勝ち抜いた飯塚高校の実力は未知数です。

Bブロック 尚志・神村学園中心に展開

U-18日本代表候補FW福田師王選手とU-17日本代表候補MF大迫塁選手を擁する神村学園高校、U-20日本代表候補DFチェイス・アンリ選手を擁する尚志高校を中心に展開されるでしょう。

1回戦の好カードは、神村学園高校と強豪・昌平高校を破り出場する正智深谷高校の対戦、プリンスリーグ中国で首位争いをする米子北高校と古豪・帝京高校の対戦です。

関連記事はこちら

神村学園高校サッカー部

尚志高校サッカー部

Cブロック 優勝候補・青森山田を追う前橋育英

松木玖生選手、U18日本代表候補・宇野禅斗選手を擁する優勝候補筆頭・青森山田高校を軸に、冬の選手権でも優勝経験のある前橋育英高校が争う展開となるでしょう。

前橋育英高は、プリンスリーグ関東でも上位争いを繰り広げており、10番背負うU-18日本代表候補MF笠柳翼選手に注目です。

地元開催のプリンスリーグ北陸所属の丸岡高校がダークホースです。

関連記事はこちら

青森山田高校サッカー部

前橋育英高校サッカー部

Dブロック 優勝候補!プレミアの大津・静岡学園

優勝候補のプレミアリーグWEST所属の大津高校、プリンスリーグ東海で上位につける静岡学園高校を中心にベスト4争いが展開されるでしょう。

大津高校の注目は、10番を背負うU-18日本代表候補・森田大智選手です。

静岡学園で注目は、U-18日本代表候補CB伊東進之輔選手、アズー滋賀で小学生時代に中井卓大選手(レアルマドリード所属)とプレーしたのある10番を背負うMF古川陽介選手です。

最大の見どころは順当に行けば、2回戦で大津高校とプレミアリーグEAST所属の流経大柏高校の対戦が実現するかもしれません。

関連記事はこちら

静岡学園高校サッカー部

大津高校サッカー部

高校サッカーでプロ内定は?

2021年7月11日現在、高校サッカーでのプロ内定者は2名です。

MF鈴木淳之介選手(帝京大可児高校) 湘南ベルマーレ内定

FW永長鷹虎選手(興國高校) 川崎フロンターレ内定

青森山田高校の松木玖生選手もストラスブール(フランス)からオファーを提示された可能性があると報じられていますが、情報はありません。

これから内定者は増えていくでしょう。

2024年以降のインターハイは福島県のJヴィレッジを主会場に固定開催

2024年以降のインターハイは福島県のJヴィレッジを主会場に固定開催することが決まりました。

猛暑の中での連戦が続くことが問題視される中、Jヴィレッジでの開催が決まったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする