創部5年全国初出場ベスト4!神村学園高校サッカー部・鹿児島の強豪校へ?監督・メンバー

神村学園高校サッカー部は、2006年創部5年目で第85回全国高校サッカー選手権大会に出場し、ベスト4に進出、今や鹿児島県を代表する強豪となりました。

当時神村学園高校サッカー部を率いていたのいたは、竹元真樹監督です。

竹元真樹さんは、鹿児島実業高校サッカー部が全国大会で初めて決勝に進んだときの主将です。

鹿児島実業高校サッカー部といえば、全国高校サッカー選手権大会で2度の優勝に導いた松沢隆司監督が有名です。

神村学園高校サッカーは、女子チームも強豪校です。

2020年全国高校サッカー選手権大会にも出場を決め、活躍が期待される高校です。

神村学園高校サッカー部は鹿児島実業高校出身の監督!鹿児島県の強豪校へ

神村学園高校サッカー部は、2006年創部5年目で第85回全国高校サッカー選手権大会に出場し、ベスト4に進出しました。

鹿児島実業高校が初めて全国大会で決勝に進んだとき主将を務めていた竹元真樹さんが、当時、神村学園高校サッカー部の監督をしていました。

竹元真樹さんは、数々のJリーガーを育てた鹿児島実業高校の松沢隆司元監督の教え子でした。

名将・松沢隆司さんの教え子には、前園真聖さん城彰二さん遠藤保仁さん松井大輔さんら、多くの元日本代表選手がいます。

2020年現在は、同じく鹿児島実業高校出身の有村圭一郎さんが監督を務め、竹元真樹さんは総監督となっています。

神村学園高校サッカー部は、中高一貫で選手を育てるようにしています。

中高は同じグラウンドを半分ずつに分けて練習、中等部は個人技の向上を目指し、指導しています。

中学生から、プリンスリーグ九州U-18のプレーも経験するような選手もいます。

最強・神村学園は2020年選手権優勝へ!注目のU16日本代表大迫塁福田師王

2020年全国高校サッカー選手権大会に出場する神村学園高校サッカー部注目は、1年生コンビです。

U-16日本代表にも選出されているMF大迫塁選手とFW福田師王選手です。

大迫塁選手は、1年生ながらチームのエースナンバー・14番を託された選手です。

有村圭一郎監督は大迫塁選手が高校入学前に、エースナンバーを託す意向を持っていたとのことです。

2019年9月のU-16アジア選手権予選ではU-15日本代表の一員として全3試合に出場、AFC U-16選手権予選突破に貢献しました。

今後、セレッソ大阪でプレーする西川潤選手のようにU17ワールドカップや全国高校選手権で活躍をするかもしれません。

福田師王選手は、神村学園高校サッカー部のエースストライカーです。

日本代表の岡崎慎司選手にあこがれる選手で、滞空時間の高いヘディングを武器としており、恐れることなくゴールに向かって飛び込んでいきます。

神村学園高校サッカー部に安定感をもたらすのは、10番を背負う永吉飛翔・ナガヨシツバサ選手です。

ボランチのポジションから守備ラインに加わりながらゲームを組み立てます。

1年生コンビが安心して攻撃することができます。

神村学園サッカー部は中高ともに女子チームも強い?

神村学園サッカー部は女子チームも非常に強いです。

全日本高等学校女子サッカー選手権大会では2度優勝、全日本U15女子サッカー選手権大会では3度の優勝をしています。

男子同様、女子チームも中高ともに強豪校となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする