埼玉の新興勢力・中高一貫・技術重視の昌平高校サッカー部!監督は青森山田で指導経験

埼玉県の強豪・昌平高校サッカー部は、2007年に藤島崇之さんが監督に就任後、急速に強くなった新興勢力です。

ジュニアユースにFC LAVIDAを作り中高一貫での指導をベースにしてから強くなりました。

昌平高校サッカー部は、技術重視のサッカーをコンセプトにしていて、非常に魅力的なサッカーをします。

藤島崇之監督はかつて青森山田高校でも指導経験があり、ゼロから指導者としてスタートするために昌平高校サッカー部にやってきました。

そんな昌平高校サッカー部についてご紹介します。

昌平高校サッカー部を育てた藤島監督の経歴は?強豪校への指導方法は?

藤島崇之さんは、2007年に昌平高校サッカー部の監督に就任しました。

その前は強豪・青森山田高校でコーチ、そして青森山田中学の監督を務めており、日本代表でも活躍する柴崎岳選手を指導しました。

指導者として青森山田で4年間過ごした後、ゼロからチーム作りをしたいという思いから昌平高校に赴任しました。

就任後すぐに強豪校になった訳ではなく、転機は12年にFC LAVIDAを立ち上げたことです。

FC LAVIDAはジュニアユースのチームであり、FC LAVIDAの立ち上げにより中高一貫での指導が可能になりました。

FC LAVIDAでは仕掛けのメニューも多数取り入れ、勝てるサッカーと個人のレベルアップをしています。

長く勝てるチーム作りを目指し、技術を重視する昌平高校のサッカーを作り上げています。

FC LAVIDAの監督は習志野高校の同期・村松明人さんが務めています。

昌平高校はインターハイでベスト4に!プロ選手も輩出?

昌平高校は過去16年と18年の2回、インターハイでベスト4に進出しています。

これまでサンフレッチェ広島の松本泰志選手やジュビロ磐田の針谷岳晃選手といったプロ選手も輩出しています。

プロの世界で活躍する選手を多数輩出したいという昌平高校の理念が着実に遂行されている印象です。

19年は、U18埼玉県リーグで優勝し、プリンスリーグ関東の入れ替え戦に参入しました。

入れ替え戦でも見事勝利し、20年のプリンスリーグ関東への昇格を果たしました。

そして、冬の選手権でも、ついにベスト8まで進出しています。

19年の注目選手は、ドイツでプレーする鎌田大地選手の弟・鎌田大夢選手、そしてU17日本代表候補の須藤直輝選手です。

須藤直輝選手は2年生ながら10番を背負い、チームの攻撃を牽引しています。

20年のプリンスリーグ関東でも活躍が期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする