前橋育英が全国サッカー選手権で優勝!タイガー軍団

前橋育英高校は、第96回全国高校サッカー選手権決勝で流通経済大柏を下し、初優勝しました。

ユニフォームは黄色と黒の縦縞ストライブが特徴的で、タイガー軍団と呼ばれています。

なんといっても、見ていて面白いサッカーをするチームだと思います。

パスをつなぐサッカーが特徴ですが、各選手がボールを持つと、後ろにボールを戻すのかなと思ったら急にターンして前に仕掛けます。

僕が選手だったら是非このチームでやってみたいと思うチームです。

当然そんな技術はないですが。

このチームの顔はやはり監督の山田耕介さんです。

過去同チームからたくさんのJリーガーを輩出しています。

山口素弘さん、松田直樹さん、細貝萌選手、他にもたくさんいます。

近年印象の残った選手としては飯島陸選手でしょうか。

そんな前橋育英高校の監督及び印象に残った飯島陸選手についてご紹介したいと思います。

山田耕介監督が赴任した当時はスクールウォーズの世界?

山田耕介さんは、サッカー部の監督であり、前橋育英高校の校長先生です。

高校サッカー界では有名な現長崎総合科学大附属サッカー部監督の小嶺忠敬さんが指導する島原商業でプレーしていました。

元国見高校の監督と言った方が分かり易いですね。

山田耕介監督は法政大学を経て、1983年から前橋育英で監督を務めています。

赴任した当時はスクールウォーズ(ラグビーを通じて、不良少年やおちこぼれが立ち直っていく姿を描いたドラマ)の世界同様に荒れていたようです。

確かにその当時であれば、同じような学校があっただろうと思います。

そこからサッカー部を立て直し、全国大会で優勝するチームにまで育て挙げました。

やっぱり、これだけ面白しろいサッカーを見せてくれるのは監督の経験が生きているのかなと思います。

飯島陸選手は大会得点王!小柄なエース

飯島陸選手は第96回全国高校サッカー選手権で前橋育英高校が優勝した際、得点王に輝いた選手です。

流通経済大学柏の三本木達哉選手からマンマークにつかれながら得点に絡んだのはすごかったです。

166cmと小柄ですが、予測不能なプレーでゴールを奪います。

高校卒業後は、法政大学に進学しましたが、将来是非プロになって、Jリーグでのプレーを見てみたいと思います。

番外ですが柿沼利企さん!誰?

スペインのヘタフェでプレーする柴崎岳選手を調べていたら面白い選手がいましたので、番外編です。

2018年1月にヘタフェのユースチームに入団した日本人選手がいました。

その人の名は柿沼利企さんです。

彼は前橋育英のサッカー部に入部しましたが1年を待たずに通信制の学校(第一学院等々学校)、アルゼンチンを経て、現在に至っています。

前橋育英高校に少しゆかりがあるようでしたので書いてみました。

そのうち急に名前がでてきたらいいですね。

かつて武者修行から活躍した三浦知良選手、中澤佑二選手のように。

まとめ

前橋育英高校は、2018年はプリンスリーグで奮闘中です。

是非プレミアリーグ昇格目指して頑張って欲しいです。

注目選手は第96回全国高校サッカー選手権決勝でゴールを決めた榎本樹選手です。

相手の密着マークに苦しむ試合も多くなりますが、是非多くの試合を経験して、第97回全国高校サッカー選手権に出てきて欲しいです。

県予選での今年のライバルは同じプリンスリーグに所属する桐生第一高校です。

現在V.ファーレン長崎に所属する鈴木武蔵選手の出身高校です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする