青森山田の天才・イケメン柴崎岳超え!室蘭出身・松木玖生の進路・プロ内定?筋肉強化方法は

青森山田高校サッカー部の10番を背負う松木玖生選手は、かつて10番を背負いスペインで活躍する柴崎岳選手を超えると言われています。

青森山田高校の黒田剛監督は、柴崎岳選手より肝が座っていると語っています。

松木玖生選手は、室蘭市出身で、中学生から青森山田中学校に入学しました。

青森山田高校では左足から繰り出す正確なキックと強心臓で、1年生からレギュラーとして活躍しています。

海外志向が強く、フランスの強豪のオリンピック・リヨンの下部組織の練習に参加しました。

柴崎岳選手は、2年生の時にJ1・鹿島アントラーズ入りを決めていましたが、その進路は、内定はいつ出るでしょうか。

そんな、松木玖生選手についてご紹介します。

室蘭大沢FCで兄の影響でサッカー始める!青森山田中学へ進学

Embed from Getty Images

松木玖生選手は、北海道室蘭市出身で、室蘭大沢FCで兄がプレーしていたことがきかっけで、サッカーを始めました。

お兄さんもサッカーを続けているのでしょうか。

室蘭大沢FCでは、基礎練習の重要性を学び、とにかく走ったようで、小学校時代に大事な部分が備わったようです。

室蘭大沢FCは、強豪チームでしたが、室蘭大沢小学校が2019年度で閉校になるとともに、で解散してしまいました。

松木玖生選手は、小6の時に帯広市で父と観戦した全国中学校サッカー大会で、青森山田中学が躍動するシーンを見て、進学を決めたようです。

当時の青森山田中学校は、全国中学校サッカー大会を2連覇中の強豪チームでした。

青森山田中学ではキャプテンを務める!高校の試合にも出場

松木玖生選手が1年生の時、青森山田中学校は2016年全国中学校サッカー大会で優勝、その時は大会メンバーとしてベンチ入りしていました。

2年生となった2017年全国中学校サッカー大会では、レギュラーとして活躍、青森山田中学校の4連覇に貢献しました。

3年生となり、5連覇を目指す2018年全国中学校サッカー大会では、キャプテンとしてチームを牽引しましたが、残念ながら、準優勝に終わりました。

松木玖生選手は、中学3年生の時には、青森山田高校セカンドチームの一員として、高校生の大会であるプリンスリーグに出場、終盤にはトップチームの一員としてプレミアリーグへも出場しています。

高校入学前からトップチームのレギュラーに一歩近づいていました。

中学3年より身体作り!筋力強化で屈強な肉体・筋肉バキバキ?自炊も

松木玖生選手は、中学3年生から自炊にも挑戦しながら、筋力強化を進めました。

意識が高く自ら考えて、身体作りを進めたようです。

きっと筋肉バキバキと思います。

中学生ながら高校生の大会に参加していたことで、負けない体作りに努めていたのでしょう。

筋力強化方法はお米をたくさん食べて、肉と野菜をとり、バランスよく食べて鍛えるですね。

筋肉が付きすぎるとスピードが落ちるので工夫をしたのでしょう。

1年で青森山田高校の7番・2年で10番を背負うエースへ!礼儀正しい体育会系

松木玖生選手は、青森山田高校で1年生ながら次期エース候補の背番号7を背負い、第98回全国高校サッカー選手権大会で活躍しました。

同大会は、決勝で静岡学園高校に敗れ、準優勝に終わりました。

2年生で出場した第99回全国高校サッカー選手権大会では背番号10を背負い、決勝まで駒を進めましたが、山梨学院高校に敗れ、2年連続準優勝に終わっています。

3年生で迎える第100回の記念大会は、松木玖生選手中心の大会となるかもしれません。

あまりプレッシャーを感じず、優勝を目指して、頑張って欲しいと思います。

松木玖生選手は、試合中はメンタルが非常に強く、肝が座っている点が注目されますが、私生活の面では非常に礼儀正しいとか。

高校サッカーではサッカー以外での生活面も重視するところが多く、しっかりと鍛えられ部活の良いところが出ているかと思います。

海外志向が強い!フランス強豪のオリンピック・リヨンの下部組織の練習に参加

第99回全国高校サッカー選手権大会終了後、松木玖生選手は、フランス強豪のオリンピック・リヨンの下部組織の練習に参加しました。

コロナ下の大変な状況ではありますが、大きな覚悟を持って参加したかと思います。

実力が認められれば、18歳を迎えた時に契約を勝ち取ることができる重要な挑戦です。

このように一時的に参加する挑戦はチームに溶け込むのが難しく、非常に大変かと思いますが、持ち前の強心臓、メンタルの強さで乗り切って行くのでしょう。

フランス語圏ですからコミュニケーションはどうしているのか気になりますね。

オリンピック・リヨンとは?好きなチームはマンチェスターシティ

オリンピック・リヨンは、フランスのリーグ・アンで優勝経験もある強豪チームです。

近年は、優勝から遠ざかっていますが、パリサンジェルマンやオリンピック・マルセイユと並ぶ人気チームです。

レアルマドリード所属のカリム・ベンゼマ選手がオリンピック・リヨン下部組織出身ですが、近年特に育成に力を入れています。

松木玖生選手は、イングランドのマンチェスターシティがお気に入りのチームとのことです。

マンチェスターシティの中で今後イングランド代表の中心として活躍が期待されるMFフィル・フォーデン選手が憧れの選手とか。

マンチェスターシティの名将ジョゼップ・グアルディオラ監督も絶大な信頼を置く選手です。

今後、ワールドカップで活躍するかもしれません。

フィル・フォーデン選手は、身長171cm・体重70kg、松木玖生選手は、身長178cm・体重73kgと体格は似ており、利き足も左ですので、参考になるプレイヤーかと思います。

松木玖生の特徴・武器は?うまいのか?

松木玖生選手は、利き足は左足で運動量豊富な選手です。

メンタル面は強く、体もかなり出来上がっている印象です。

一見するとうまいのかよく分からないですが、運動量が豊富で、守備でも攻撃でも危険な場所に顔を出せる選手だと思います。

また左足から繰り出すキックは正確かつ強烈ですので、早くプロの世界で活躍する姿を見てみたいです。

内定は国内でしょうか?海外でしょうか?

高校卒業後即海外チームに入団し活躍する選手はあまりいないので、是非見てみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする