中井卓大はレアル・マドリード下部組織所属!ドリブルがすごい

中井卓大さんは9歳にしてレアル・マドリードの下部組織に合格し、スペインで順調に成長しています。

7歳の時に撮ったと言われるYoutubeの動画は、とにかくすごいです。

ドリブルがめちゃくちゃうまいですね。

ボールが足にくっついている感じです。

そんな中井卓大さんの成長過程レアル・マドリードの下部組織についてご紹介したいと思います。

レアル・マドリードのセレクションに合格!50人に1人?

中井卓大さんは滋賀県出身です。

レアル・マドリードの下部組織合格時は、大津市にあるアズー滋賀という少年サッカークラブに所属していました。

スペインでは2018ワールドカップ日本代表の乾貴士選手と親交があるようです。

同じスペインでプレーし、且つ同じ滋賀県出身同士になります。

滋賀県出身のサッカー選手といえば、他に元日本代表、現アビスパ福岡監督の井原正巳さん、乾貴士と同じ野洲高校出身の楠上順平選手がいます。

中井卓大さんはレアル・マドリードのファンデーション・キャンプというセレクションで見事合格し、2014年9月レアル・マドリードの下部組織に入団しました。

スペインへはお母さんとお姉さんが一緒に来ているようです。

中井卓大さんはイケメン、お姉さんは美女とインターネット上では噂になっていますね。

2018年8月レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に昇格することが判明しました。

毎年狭き門を通過し、順調に成長しているようですね。

最近では得意のドリブルに加え、中盤でバランスをとる能力の非常に高く評価されています。

中井卓大さんは2018年3月に日本で開催されたU15ニュージェネレーションカップ2018にレアル・マドリードのカデーテB(U-15)の一員として来日しました。

同大会はレアル・マドリードのカデーテBが見事優勝しました。

中井卓大さんはミッドフィルダーとして試合に出場、中盤でバランスを取りながら自分の役割をしっかりこなしていたようです。

その分、強烈な個性があまり出ていなかったかもしれません。

レアル・マドリードの下部組織はどんな階層になっているのか?

スペインサッカーでは下部組織のことをカンテラと呼びます。

直訳すると石切り場となります。

中井卓大さんの場合、アレビンA(U-12)から始まり、インファンティルB(U-13)、インファンティルA(U-14)、カデーテB(U-15)とステップアップし、カデーテA(U-16)への昇格が決まりました。

今後順調にステップアップすると、フベニールC(U-17)、フベニールB(U-18)、フベニールA(U-19)と上がって行きます。

そしてレアル・マドリードのBチームであるカスティージャ、レアル・マドリードのトップチームへと昇格することになります。

まとめ

中井卓大さんは、厳しい競争を勝ち抜き着実にステップアップしています。

常に足切りのある厳しい環境下ですので、精神的にも鍛えられているのではないかと思います。

小学生からいるので、スペイン語も堪能のようですので、是非そのまま海外で活躍することを期待したいと思います。

レアル・マドリードのトップチームで活躍する姿を期待したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする