伊東純也はスピードスター!海外移籍へ?右サイドの快速ドリブラー

J1柏レイソル所属の伊東純也選手は、右サイドからスピードのある仕掛けで得点もアシストもできる選手です。

2018ワールドカップ終了後の2018-2019シーズン開幕に向けて、海外でも注目され、ドイツ1部フォルトゥナ・デュッセルドルフへの移籍が噂されていました。

海外でも注目されようになった伊東純也選手のJリーグ入団まで入団後についてご紹介したいと思います。

高校時代は無名?大学2部神奈川大学で活躍しJリーグ甲府へ

伊東純也選手は中学時代に横浜F・マリノスジュニアユースを受けて不合格となり、横須賀シーガルズジュニアユースでプレーしていました。

高校は地元の公立高校、神奈川県立逗葉高校です。

同級生には小野裕二選手がいましたが、逗葉高校サッカー部ではなく、横浜Fマリノスユースでプレーしていました。

小野裕二選手は、横浜Fマリノスからベルギーに移籍後、2018年はサガン鳥栖でプレーしています。

横浜Fマリノスユース在籍中にトップチームへ登録されるほどの選手です。

一方、伊東純也選手は高校時代、全国的には無名でしたが、地元では割と有名な選手でした。

高校卒業後、推薦により神奈川大学に進学、ポジションは主にフォワード及び2列目でプレーしていました。

伊東純也選手が2年生の時に、神奈川大学は関東大学サッカー2部に降格してしまいます。

伊東純也選手は、3年生の時に20試合17ゴールと活躍し関東大学サッカー2部で得点王となりました。

4年生の時には10得点12アシストをあげて神奈川大学を関東大学サッカー1部に押し上げました。

2年連続ベストイレブンにも選ばれ、徐々に頭角をあらわして来ました。

神奈川大学での活躍により、ヴァンフォーレ甲府とモンテディオ山形からオファーを受けて、J1ヴァンフォーレ甲府に入団しました。

名スカウトの発掘で甲府へ?柏レイソルに移籍後サイドのプレイヤーに!

伊東純也選手はヴァンフォーレ甲府の名スカウト森淳さんの発掘により、ヴァンフォーレ甲府に入団しました。

森保ジャパンで活躍するサイドバック佐々木翔選手も、森淳さんの発掘により、神奈川大学からヴァンフォーレ甲府に入団しています。

佐々木翔選手は、ヴァンフォーレ甲府で活躍しサンフレッチェ広島に移籍しています。

森淳さんは、まずはヴァンフォーレ甲府のようなスモールクラブで活躍してからビッククラブへ移籍したら良いのではないかと考えているようです。

伊東純也選手は、2015年ヴァンフォーレ甲府入団後、すぐにJ1デビュー、フォワードとしてプレーしてシーズン4得点を挙げました。

その活躍が認められ、翌2016年にはJ1柏レイソルに移籍しました。

当時のミルトン・メンデス監督の下、サイドバックにコバートされました。

いきなりのサイドバックへのコバートですが、2列目サイドのプレイヤーへという現在のポジションを確立するためのコンバートだったと思います。

サイドバックから前線へのコンバートでは、レアル・マドリードで活躍するギャレス・ベイル選手を思い出します。

その後、すぐにミルトン・メデス監督は交代し、新たに下平隆宏監督が就任しました。

伊東純也選手は下平隆宏監督の下、ウイングハーフ等サイドの攻撃的なポジションで起用されるようになりました。

伊東純也選手の特徴であるスピードに乗ったドリブルを生かすには最適なポジションだったと思います。

50m5秒台と思われる快速でドリブルを仕掛けます。

最終的にはシーズン7得点を挙げ、柏レイソルの攻撃を牽引し、自身の最適なポジションを確立しました。

2017年には、レノファ山口から右サイドバックとして小池龍太選手が加入し、右サイドからの攻撃を2人で形成しています。

小池龍太選手は、現在ポルトガルのポルティモネンセSCでプレーする中島翔哉選手のいとこに当たる選手のようです。

小池龍太選手も今後、海外から注目されるかもしれません。

伊東純也はリオ五輪代表候補に召集!人見知りでインドア派?イケメン人気者

伊東純也選手は、リオ五輪日本代表の候補に入っていました。

当時、手倉森誠監督もそのスピードに注目し、非常に期待が高かったようです。

最終的には、残念ながら落選してしまいましたが。

リオ五輪には、久保裕也選手、浅野拓磨選手、中島翔哉選手、南野拓実選手、遠藤航選手等、そうそうたるメンバー揃っていました。

当時、伊東純也選手が心配されていたのは、非常におとなしいことでした。

性格的に人見知りでインドア派で、普段あまり外出せず、代表合宿でも部屋の中で過ごすことが多かったとか。

ただ、そのルックスから女性に非常に人気があったようです。

柏レイソルがJ2に降格し海外移籍が加速!日本代表では堂安律とポジション争い?

2018年シーズン、アジアチャンピオンズリーグまで戦った柏レイソルはJ2へ降格しました。

伊東純也選手にとっては非常に残念な結果です。

柏レイソルは1年でJ1復帰を目指しますが、一方、伊東純也選手の海外移籍は加速するかもしれません。

年齢的にも今がチャンスと思います。

また日本代表としては、2017年に初選出され、2018年9月には初ゴールを決めています。

2019年開催されるAFCアジアカップ2019の日本代表メンバーにも選ばれてました。

森保ジャパン初の国際大会で大暴れして欲しいと思います。

右サイドを主戦場とする伊東純也選手は、日本代表では、若き注目選手、堂安律選手とポジションを争うことになります。

2人は特徴が違うので、森保ジャパンにとっては大きな武器になると思います。

後半途中から伊東純也選手が入ってきて、スピードでかき回すことができれば相手にとって非常に脅威となることでしょう。

更にヨーロッパのクラブも視察に訪れるでしょうから、良いアピールをして欲しいと思います。

伊東純也の使用するスパイクはプーマ フューチャー

スピードスター伊東純也選手が使用するスパイクは、プーマ フューチャー 2.1 NETFIT FG/AG です。

次世代のサッカーシューズ」がコンセプトの、フューチャーシリーズトップモデルです。

シューレースの通し方でフィットのカスタマイズを可能にしたNETFITシステムを採用しています。

FG/AGは天然芝及び人工芝グラウンド専用です。

ハード・人工芝はHGがおすすめです。

まとめ

伊東純也選手は初めにフォワードでプレーしていたことで高い得点能力が備わり、更にプロ入り後サイドバックでプレーしたことで守備の意識もできました。

現在は2列目サイドのプレイヤーとして、攻守両方を併せ持ち、日本代表に選ばれるまでになりました。

サイドのプレーヤーは上下動が激しく、攻撃に守備にその能力が要求されるポジションです。

伊東純也選手は、J1リーグでもスプリント回数の多い選手です。

豊富な運動量とスピードを武器に得点を量産して欲しいと思います。

そして、是非海外へ移籍して活躍することを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする